スマートフォンの機能はどのような進化を遂げている?

機能の進化

スマートフォンの機能は毎年新製品が販売されるたびに進化しています。最新の機種と1~2年前の機種の機能は比べやすいですが、数年前のスマートフォンと比べるとどのような進化を遂げていっているのでしょうか。

1990年代の携帯情報端末は住所録やスケジュールなどを携帯できる小型機器でした。2000年に入るとwebブラウザーやEメールの送受信機能が追加されます。そして2007年、Wi-FiやGPS受信機、テレビ電話など、今は当たり前となった機能をもつスマートフォンが販売され、日本でもスマートフォンが広く利用されるようになりました。その後も数年の間に、例えばカメラが200万画素から1200万画素になり、ワイヤレス充電器や有機ELディスプレイが採用されるなど進化しています。

人工知能による進化は特に著しく、対話システムが搭載され、指紋認証や顔認証が可能になるなど常に進化し続けています。音声認識や翻訳、画像認識など、たくさんのデータを集めることにより学習していく人工知能によるスマートフォンの機能の進化がさらに期待されています。

進化が止まらないスマートフォンだからこそ、選んだ後に「数か月待てばもっと進化している自分のほしい機能が手には入った」とならないように、常に最新の情報をチェックしておきたいですね。