スマートフォンの機能はどのような進化を遂げている?

スマートフォンの進化

そもそもスマートフォンの「スマート」とは「賢い」を意味しています。そのため、スマートフォンとはパソコンのような機能をもつ高性能な携帯電話、という認識が一般的です。スマートフォンは携帯電話が進化したものと思っている人もいるかもしれませんが、そうではありません。では、スマートフォンとは一体、何がどう進化したのでしょうか。

スマートフォンの前身は情報携帯端末と呼ばれる主に手のひらサイズの端末でした。この端末は大部分を液晶画面が占めています。操作は、キーボードが内蔵されたタイプとタッチペンで画面上に触れて操作をするタイプにわかれていました。今のスマートフォンと似ていますね。しかし、発売当初は電話やメール、webブラウザーなどの機能はありませんでした。

その後、スマートフォンは様々な機能が追加され種類も増えていきます。利用方法も広がりました。総務省発表の平成28年通信利用動向調査によると、インターネット利用者のうちスマートフォンでインターネットを利用している人の割合は57.9%で、平成27年の54.3%から上昇しました。インターネットの利用目的としては、79.7%の電子メールの送受信や62.0%で天気予報の利用、51.0%でソーシャルネットワーキングの利用など、パソコンだけでなくスマートフォンも活用できる内容が多く上昇しています。

個人のスマートフォンの保有割合も、平成27年の54.3%から57.9%へと年々上昇しています。現在、スマートフォンは日本人の生活に溶け込んでいます。進化を続け、様々な利用方法のあるスマートフォンの種類と機能の進化について紹介します。


~ スマートフォンに関する外部リンク ~
様々な利用方法があるからこそ、思わぬところで壊れてしまうこともあるでしょう。特にiPhoneは画面が大きいため、破損してしまう可能性があります。万が一に備え、iPhone修理を行っている店舗を知っておくと便利です > iPhone修理